電動水中ドリルが活躍

今日は串本は海況が悪くなる予報だったのでダイビングはクローズに。 おまけに水曜日までは透明度良好でしたが木曜日から本格的な春濁りで昨日は透明度5メートル。

そこで、近所の有田港に作業潜水で出動してきました。港湾工事の足場解体と現場水域を囲むフェンスを撤去するお仕事。

足場解体は水中でボルトを一個づつ外さなければならない。こんな時に活躍するのが水中ドリル。 水中土木で一般的に使う工具は大型コンプレッサーを使って空圧で動かすので設備的にかなり大がかりになってしまう。 コンクリートに穴をあけたり岩盤を割ったりする時はこの空圧機械が必須になるけれど、ボルトを外す位ならこれ一本で充分だ。

今まで水中で電動工具は使えなかったが、イスラエルで開発されたこの電動ドリルは潜水対応で、もちろん防水。 パワー的には18ボルトのインパクト並みのパワーがある。数年前にお手伝いしていた輸入商社で取り扱うかを検討するためにサンプルとして入手してテスト後に頂いたモノだ。海外では水道工事や船舶修理などに人気のようだが日本では需要が少ない。

まぁラチェットを使って手作業で参加を外す事を考えると超便利なステキな工具だ。 使った後は水槽でしっかり塩抜きして油をさしてメンテも簡単。 便利な工具に感謝です(笑)

投稿者プロフィール

AkihikoTanimai
AkihikoTanimaiダイブステーション 代表
和歌山県串本町のダイビングショップを経営しています。オリンパス水中撮影機材の事なら何でもお任せ下さい。